口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
e0142699_07410501.jpg
e0142699_07413014.jpg
e0142699_07414787.jpg
e0142699_07442445.jpg
e0142699_07450000.jpg

ヤッサン一座のぼんまるです。
3月最初の清水寺での紙芝居。
いつもより多い演者。だんまる、らっきょむ、ダッシュ、はるる、いっきゅう、私ぼんまる、計6名。

最初はポカポカ良い天気。今日はやり易いのかな、と能天気に思っていると段々怪しくなる曇行き。あっという間にビュービュー寒空に早変わり。

風が吹き散らすかの如く、足早に通り過ぎるお客さん達。
拍子木を叩こうが観客が集まらない時もあります。

そんな時でも堂々と紙芝居を始めます。
一座に入った当初は、誰も見ていない時に紙芝居をするのが、どこか気恥ずかしかったのを覚えております。
気恥ずかしくやっていれば、お客さんも見に行くのが気恥ずかしい。
見るとしても、遠巻きにしか見る気は起きない。
お客さんからすれば、あくまで参拝がメインで、まして寒い中。
そこをどう覆すか、毎回真剣勝負です。
そう思うと、気恥ずかしさを感じる暇はありません。
あの手この手で、お客さんとの距離を詰めます(どうやるかは紙芝居の現場に来て頂いた時のお楽しみ)。

同じ演目でも演者が違えば、全く別物のように、僕も感じます。

自分の中からにじみ出てくる言葉、
リズムで語る。
お客さんの面白い所を取り上げ、全力で喜ぶ。
海外からのお客さんも、日本人と一緒に笑い合う。言葉が分からなくても、その笑い合える空気が面白い。
笑いが広がって、途中で通りかかった人も、「何だろう?」と見に来て、笑いの輪に加わる。どんどん輪が広がる。
紙芝居が勢いに乗って、お客さんが喜べば喜ぶほど、お客さんの目線は紙芝居の絵ではなく、演者に集まる。

自転車の紙芝居だから、景品があるから、面白い演目だから、じゃなくて、「あの紙芝居屋さんが面白かった」と、お客さんの記憶の中に残るなら、とても嬉しいです。

自分が太陽になることを求められる仕事だと、他の演者の紙芝居を見ながら、思いました。

2016年3月2日
ぼんまる
[PR]
# by infokamishibai | 2016-03-06 07:30
e0142699_07473750.jpg
e0142699_07494129.jpg
e0142699_07501262.jpg
e0142699_07504570.jpg

本日は、だんまるの東本梅保育所での出張口演にアシスタントとして同行しました。
保育所の遊戯室に夕焼けの書き割りをセットしたら、紙芝居空間に早変わり。

紙芝居が始まる前、園児の子たちは最初「しっかりと見なくちゃ」と、先生の言いつけを守ろうとキリッとした表情でした。

紙芝居が始まると、それは変わっていきました。

普段、接する親や先生とは違うであろう、謎めいた紙芝居屋さんという大人相手に、
恐る恐る手を上げて答える園児達。
手を上げたことを、大きくよく通る声でだんまるに褒められて、凄く嬉しそうな様子です。
どう答えても、そのユニークな答えを良しとする空気なので、答えた子も、他の子からも笑いが起こって、どんどん手が上がります。
答えを外しても、しょげる暇もなく、次の笑いが起こって、その連鎖が止めどなく続きます。

そのうちに、大人もハイ!と手を上げ始めました。
「普段大人しい方だけど、あんな元気な方とは知らなかったです。」と別の大人の方が紙芝居後に驚いて仰っていました。

次から次へと返ってくる答えに、褒めたり、ツッコミを入れたり、ポンポン言葉を返して、誰よりも元気な紙芝居屋さん。
紙芝居屋さんが元気だから、その気に引っ張られて、子どもの持っている元の気、元気がどんどん引き出されます。
その様子を見て、園児達の後ろで見ている先生達からも笑いが起こってきます。
笑うことから、心が解放されていって、
笑い顔から、別の人の笑顔が引き出されます。
子どもから子ども、子どもから大人、大人から大人、大人からまた子どもへと、
近くの人は勿論、遠くの人とも、面白い空気が広がっていくのを肌でどんどん感じます。
現場の外の人も何事だろう?と気になるくらい、笑いで現場が一つになっていきました。

紙芝居が終わって、家に帰った、ある園児の男の子がお母さんに今日見た紙芝居のことをたくさん話したそうです。でも、面白いことがたくさんありすぎて、思い出せないくらいで、どれだけ話しても話し足りないくらいなな様子だったそうです。

子どもは勿論、大人も実は持っている「子ども心」を引き出す紙芝居だと改めて感じました。
こうして文章にしても、あの現場にいた人にしか全部を伝えられないのが、もどかしいです。

2016年3月3日
ぼんまる記

[PR]
# by infokamishibai | 2016-03-06 07:23
e0142699_12020218.jpg
e0142699_12054659.jpg
e0142699_11520727.jpg
e0142699_12571968.jpg
e0142699_20050853.jpg
ヤッサン一座のぼんまるです。
本日は清水寺での紙芝居。

今日の天気、予報では「晴れのち曇り」。
今日は、らっきょむ、はるる、
いっきゅう、私ぼんまるが演者。
喉を痛めて声の出ないダッシュは、
控えの後、一足先に帰り、
残る4人でひっきりなしに紙芝居をしました。

それだけ絶え間なく紙芝居をしているのだから、途中、お日様がチラッとでも覗きにきてくれてもいいもんですが、全力の曇り空。

寒い中での紙芝居でしたが、それでも足を止めて紙芝居を見にきてくれるお客さん達。

訪れる人数が多くなり、それだけ色んなお客さんとお会いするご縁にも恵まれました。

ギターを担いで、あちこちの山に登ってギターを演奏するという、山登りミュージシャンの方。

海外からのお客さんで、日本のサブカルチャーが好きで日本語が話せるようになられた方。

色んなユニークなお客さん達の、面白い所に光を当てつつ、関係性を築いて間を詰めていって、もっともっと面白い紙芝居の空気を、お客さんと一緒に作っていく兄弟子達。

お天気以上に読めない客層。
でも、そこにもっともっと応えられるようになりたい。

2016年2月22日
ぼんまる記
[PR]
# by infokamishibai | 2016-02-24 12:04 | 口演
e0142699_12161952.jpg
e0142699_12163586.jpg
e0142699_12165690.jpg
e0142699_20060823.jpg
今日も今日とて曇り空。>
そして、精鋭が三人(!?)
(私ぼんまる、いっきゅう、はるる)。
出番も、それだけ早く、
多く回ってくる。
それが非常に有難い。

気温が寒ければ寒いほど、
その分、面白く、
あたたかい空気を作り出そうと、
紙芝居に熱が入るのを感じられる。
熱を入れれば入れる分、
集まってくるお客さん。
あたたかい空気が広がっていく。
紙芝居の最中は寒さを忘れられる。

良い天気に恵まれました。

2016年2月23日
ぼんまる記
[PR]
# by infokamishibai | 2016-02-24 11:45 | 口演

2015年2月2日、清水寺

今年初の清水寺。
1月は、雪と雨で、紙芝居できなかったのです。

雪がチラつき、いやあ、寒かった!
それでも、中国からのお客さんが、続々と清水坂を登ってくる。

メンバーは、だんまる、ぼんまる、そしてはるる。午後から茶娘が来た。
「今日は、お客さんがいなくても、師匠に見せるつもりでやろうな」と、座長の訓示(笑)。
そして、ポットの温かいミルクテーを、ふるまってくれて、気持ちほっこり、スタート。

第一声は、ぼんまるの呼び込み、そして「黄金バット」。
「ぼんまる、あんた、寒いんか?」、声も体も表情も硬い。演者が楽しそうやないと、お客さん、
寄ってこんのよ。ホントに、通り過ぎるお客さん、でもぼんまる、最後まで頑張りました。

はるる、久しぶりの清水寺に、やる気満々。
お客さんも立ち止まってくれて、声も出て、愉しかったよ!

遅れてきた茶娘、最後に1回「黄金バット」。
 声が、以前よりしっかり重くなってきた(これ、褒めてます)、発展途上の紙芝居。

トリのだんまる、さすがです。
あっという間の紙芝居の空気感。これがお客さんを惹きつけるんですねえ。
筋書きが、わかっていても、笑ってしまう。

冷たいこの日は、2時にはピッタリ終了して、オフィスに引き上げました。

2月8日
はるる記

 

[PR]
# by infokamishibai | 2015-02-09 20:18

2015年1月18日 迦陵園

きょうは、迦陵園での口演。
これで、2014年度実施予定の、京都オムロン地域協力基金助成の
京都市内児童養護施設8園すべてでの口演が終りました。

演者ははるる、ダッシュはスタッフ。
18歳までの35名が入園しているそうですが、紙芝居を見に来たのは、
幼児を中心に小学生、中学生、高校生の15名ほど。

演目は、「アパンマンとおむすびまん」、「60年前のクイズ」、「黄金バット」。
子どもたち、「アパンマンとおむすびまん」にワアワアと盛り上がり、クイズの景品
めがけて、顔を真っ赤にしてます。黄金バットのワッハッハッも、大きな声で嬉しそう。

この日、出来立ての自前の舞台で行きました。
舞台道具や画劇をつめたキャリーバッグを曳いて現場に行く途中の、ゴロゴロ道が難所。
キャスターが舗装のの凸凹にひっかかって、動かん。
「くそっ、何が悲しいて、こんなことしてるんや」と、泣きたいやら、腹が立つやら。
体にあわせて、ダッシュのより1回り小さくつくったけど、やっぱり舞台道具一式詰めると、
ド~ンと重いのです。

けど、自前の舞台をもったのは、格別の嬉しさ。
やっと一人前の紙芝居屋になった気がしましたよ。
紙芝居は、楽しいねえ。
体力勝負やけど、前にすすむぞ。

この22日で、はるるひとつ齢を取ります!

1月18日
はるる 

[PR]
# by infokamishibai | 2015-01-22 09:32 | 口演
あけましておめでとうございます。
久々にブログを書きます,らっきょむです!


先日母校の京都精華大学で授業をしました。
昨年に引き続き今年も呼んで頂きました、学生の頃からお世話になっていた三上先生からお声掛け頂いたのですが、授業タイトルは身体表言論。果たして紙芝居と関係あるのかとも思いますが、自分をそのものをぶつけるようなヤッサン流紙芝居はまさしく身体表現の一つである、と解釈しそのまんま紙芝居をして参りました。
「あなたの思うように自由にやって、色々試してみてくれたらいい」との先生の言葉がありがたいです。

昨年とは違い、今年は弟弟子のぼんまるの出番もあり。
不器用ながらも精一杯紙芝居をするぼんまるだからこそ伝えられるメッセージがある。
ぼんまるの絶叫紙芝居は若い人にこそ見てもらいたいし、そして響くものがあるからです。

事前に聞いていた会場が間違いだと分かり、準備したカキワリもDVDも使えずでしたが、あくまで大事なのは紙芝居屋の人間そのもの。
現場に来たらあとは「これでいいのだ!」でやるしかありません。

授業での講演は紙芝居だけでなく色んな話も聞いてもらいました。
慣れてないのもあり、他の口演とは違うやりづらさもやはりあります。
何より、生徒間の温度差が激しい!
めっちゃノリノリな子とめんどくさそうな子がくっきり別れます。

それでも普段の口演で学んだ事をベースに話す内、固かった空気から笑いが出たり、真剣に耳を傾けてくれるようになりました。
師匠から学んだ事は多くありますが、その中で人様にお伝え出来る事は自らの経験として血肉と化したものだけです。
僕に伝えられるのは「こんな人間もいるんだ」って事だと思っています。
これから社会に出て行く彼らにとって人生の可能性は色々あるし、だからこそ他人任せでない自分で自分の人生を作っていく努力をして欲しいとお話をしてきました。

はっきり言って僕もぼんまるもまだまだ課題はたくさんありますし、それもまた見えました。
僕は慣れぬ事に緊張したのか、普段の1.5倍増量でかんでましたし。

それでも次第にまっすぐ生徒が聞いてくれたのは分かりました。
生徒のアンケートには「ぼんまるさんの紙芝居が今の自分に響いた」と書いてあり、本当に嬉しく思います。

ぼんまるの成長も嬉しいし、こっちも負けてられません!
そしてやはり師匠の遺したものの強さを実感した一日でした。
これからまだまだ僕らも人生は続く予定。
僕らもまた学び突き進むのみです

[PR]
# by infokamishibai | 2015-01-17 09:37 | 口演
と き:11月19日(水)20:00~21:00
ところ:宇多野ユースホステル(京都)

はるダ、宇多野ユースホステルに行ってきました。
きょうのお客さんは、30人くらい? 

埼玉からの修学旅行の中学生、愛知からの夫婦連れ、それに、どっから来た?
中年女子のグループ。予想がはずれて、外国人は0(後で、台湾人がいたのがわかったけど)

きょうの演目は、腕磨きの「カウントダウン」で挑むつもりが、「黄金バット」、続く「クイズ」での
お客さんの盛り上がりに、この雰囲気をこわしたくないと、急遽、(場数のたりない「カウントダウン」
やめて)、「ももたろう?」をやりました。

「黄金バット」のワッハッッハ、「ももたろう?」の「お婆さんが川に飛び込んだら?」「バッチャ~ン」
「男の子が飛び込んだら?」「ボッチャ~ン」、「日本の川に飛び込んだら?」「ジャパ~ン」と、
お客さん、声をあわせて楽しそうでしたね。
はるる、パワー全開で、汗かきました。

きょうはスタッフのダッシュから、「はるるワールドだったね」と嬉しいお言葉でした。
お疲れ様!

はるる記 
[PR]
# by infokamishibai | 2014-11-20 09:48
2014年夏のヤッサン一座は、大忙しでしたねえ。

8月25日が、師匠ヤッサンの3回忌にあたることから、京都の地蔵盆に合せて、
東京からも大江戸ヤッサン一座のメンバーが来て、全員大集合しました。

京都・大阪の本拠からは、座長のだんまるを筆頭に、らっきょむ、ダッシュ、ぼんまる、いっきゅう、
それにはるる(加えてふうたん、茶娘)。大江戸ヤッサン一座からは、てるさん、ちっち、せんべい、
ランタマ、じんなり。

8月22日~26日の間、メンバーは現場を手分けして、京都・滋賀・大阪市内を、東奔西走。

はるるは、23日(土)18:00~21:00の間、滋賀県草津市の草津納涼祭りで、30分の2回口演。
ここは、初めての現場。それに生憎の天気。

外会場で準備をはじめるも、黒雲で今にも降り出しそう。ヤッパリ降ってきました。
あわてて、呼んでくれた業者さんに、会場を中に移しましょうと言ったものの、
業者さん、雨の段取りを考えていなかった?
「すみません、ちょっと待ってください。今から市役所に行ってきます」。

「えっ!」、はるる、ぼんまる、せんべい、唖然!

机の移動に、役所の許可がおりないとのこと、仕方がない。くさつ夢本陣建物前の狭い通路で、
やりましょう。紙芝居には、やりにくい場所、おまけに雨で、人の出が悪い。

でも、ここで言い訳したら、プロやない。
はるる、普段にもまして、デカい声で、「黄金バット」を始めると、人が寄ってきて、
それでも、10人くらいのお客さん、愉しそうに笑ってくれました。

演目は、黄金バット、クイズ、ももたろう?

2回目は、前半、ぼんまるに任せて、後、はるるが引き受けました。
雨もあがって、商店街を拍子木たたいて戻ってくると、お客さん、てんこ盛り!
もう、ぼんまるの熱演が始まっていました。オイ、オイ、スタート早いやろ!

ぼんまるのクイズは絶好調! 用意した新ネタがめっちゃ受けてる、受けてる。やるじゃん!
ぼんまるの黄金バットのあと、はるるがももたろうで引き取りました。

この日は、大江戸組のせんべいが同行。準備のときから、こまごまと気配りしてくれて、
気がついたことも言ってくれて、紙芝居がわかってる、こんなスタッフがおったら、安心やなあと
思いました。 ありがとう!!

8月31日
はるる
[PR]
# by infokamishibai | 2014-08-31 14:12
清水寺・仁王門に、よしず掛けの紙芝居小屋が登場しました!

酷暑の京都、お客さんも演者も、炎天下で熱中症になったら、一大事と、
ニイタパパがつくってくださり、きょう、エッサエッサと運びました。

いかにも日本の夏の風情の、よしず屋根に青竹の支柱が、清水さんの景観に
よくマッチして、すごくいい感じ! 見に来られた清水寺の村上さんも、これならと、
OKくださいましたよ。

このよしず、日除けとしてだけでなく、空間的に仕切られるせいか、
お客さんがリラックスして紙芝居に参加してくれるという、思いがけない効果あり!

それに、暑いから、ちょっと一休みって感じで、紙芝居を見に寄ってくれるのが、
いい、いい。

きょうのメンバーは、ダッシュ、ぼんまる、そしてはるる。
カ~ン、カ~ン、カ~ン、群馬から、千葉から、京都からの中学生で、紙芝居盛り上がりましたね。

座長のアイディアとニイタパパのセンスに感謝して、この夏の清水寺を乗り切りましょう!

6月24日
はるる
[PR]
# by infokamishibai | 2014-06-24 09:01