口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんにちは、らっきょむです。
やって来ました紙芝居オーディション!!

今回は前回より参加者が減りましたが、それぞれの人柄が見えて楽しかったです。
これまで大阪・東京・京都と開催して来ましたが、実はオーディションスタッフとして行ったのは僕は今回が初めてだったんです。なるほどなー、いつもこうやってたんか。


オーディション前に模範演技もかねて師匠がコミュニケーションたっぷりの紙芝居口演。
これで参加者の気持ちをほぐしていく。

上手な演技も見たいけど紙芝居で一番重要なのはそこじゃない、演者自身の人間のもつ魅力。人柄。可能性です。
その意味で見る人の心を開く師匠の口演の役割は大きな意味を持ってました。
さすがだなー、と納得します。

参加者の中にはもともとパフォーマーの方もおり、すでに十分うまい人もいる。でもそれだけやなくて、素人の方でも言葉に説得力があったりして思わず見てしまう。

うーん、スタッフの僕でも学ぶ所ありですよ!

これからどうなるのか。みんなどう成長していくのか楽しみです。
[PR]
by infokamishibai | 2011-01-31 13:54 | 弟子の日々
昨年12月、ほぼ一ヶ月前ですが京都伝統紙芝居師養成講座一期生の方々が卒業されました。

その熱も冷めやらぬ中、第二回オーディションを行います!
観るのも楽しいけど、やればもっと楽しいライブ感満載の紙芝居。縁起物語から黄金バットまで取り扱います。


第2回 京都伝統紙芝居師養成講座
京都伝統紙芝居師養成講座公開オーディションのお知らせ
日時 1月30日午後1時~3時
開催場所 京都市中京区高倉三条下がる丸屋町165
WAZAGU(社団法人京都国際工芸センター)5階

内容
第3回京都府文化ビジネスコンペティーションで知事最優秀賞「百寺百話100人の紙芝居師」(多くの寺社仏閣で縁起や秘話エピソードの紙芝居を制作し口演)の取組の中の伝統紙芝居師養成講座です。
1000年後に1000年前に伝説となるような素晴らしい紙芝居と演ずる紙芝居師の輩出を目指し、半年間の紙芝居技術を学びます。
紙芝居口演技術、発声法、法令(児童福祉法、道路交通法、食品衛生法)新たにイベント学(イベント開催から出演、スケジュール、段取り等)を加え
卒業後は清水寺をはじめ多くの寺社仏閣や美術館、アミューズメント等での紙芝居口演を目指します。

前回第1回京都伝統紙芝居師養成講座では、14名のプロ検定試験合格(卒業生)を輩出しました。
京都大学院生、アニメ声優志望者、大学講師、大手企業幹部、薬局経営、主婦その他。

ぜひ、オーディション参加の方はもちろん見学の方も是非お越しください!

連絡先
TEL 072-737-1093 FAX 072-737-0923
Mail 1000kamishibai@gmail.com
一般社団法人 国際紙芝居協会
〒563-0123 大阪府豊能郡能勢町下田尻448番地
e0142699_14165699.jpg

[PR]
by infokamishibai | 2011-01-25 14:15 | お知らせ
寒波も一段落。このまま乗り切りたいですね。
こんにちは。らっきょむです。


「はるかぜちゃん」という女の子をご存知でしょうか?
今、インターネットでちょっとした話題になっている9歳の女の子です。
うちにはTVが無いので全然知らなかったのですが、9歳にして芸暦9年の役者さんです。
その子のツイッターでのつぶやきが大人たちの反響を呼んでいるのです。

3歳でブログ、9歳でTwitter 「都条例ぷんすか(ω)」のはるかぜちゃんに聞く


内容は昨年12月に改正された東京都の青少年育成条例に対するはるかぜちゃんの発言と、その彼女の背景について書かれているのですが、これは大人と呼ばれる方には読んでおいて損は無い内容と思いました。子どもに携わる仕事をする方は特に。

件の都条例に関してはここでは言及しません。取り上げたいのは、はるかぜちゃんの発言です。

「きれいなものや、笑えるものだけみせて育てた子供が人にやさしい大人になるとは、ぼくは思いません(ω)(ω)」
はるかぜちゃんの発言まとめ


はるかぜちゃんが好きだと公言している漫画は僕はほとんど読んだ事が無いので、彼女の主張を100パーセント支持する立場も反対する立場も表明できませんが、彼女の主張はある種の真理を突いているように思います。そしてそれは街頭紙芝居という文化の核心にも触れているのではないでしょうか。街頭紙芝居の個々の作品としてでなく、大人と子ども、または子ども同士の差別も含めた関係性・場としての文字通り「街頭紙芝居文化」の核心です。

子どもは「子ども扱いして作品を見せる大人」を嫌う。大人の下心を見抜きます。子どもも世の中を動かしている本当の所を覗いたり感じたり考えたりしたいんです。みんながみんなそういう子どもばかりと言いませんが、はるかぜちゃんのような頭のいい子どもではなかった僕ですらそう思っていました。
その事をネット上という大人も子どもも一緒くたのフラットな地平で、子どもから発信してきたのです。

正直な所を申しますと、僕はとても勇気づけられました。
「大人にも子どもにもいい意味でトラウマとなるような紙芝居を届けていきたい」という自分の信念を再確認した次第です。


うむ。よし。
やったるで!トラウマ紙芝居師!!


追伸。はるかぜちゃんのツイッターのフォロワー数が昨日一日で5倍近くに膨れ上がっててびびりました。
はるかぜちゃんまじすげぇ。
[PR]
by infokamishibai | 2011-01-22 06:16 | 弟子の日々

下品なのもいいですよ

こんにちは。らっきょむです。

冬んなって夜空がきれい。我が家はド田舎で街頭がないので、こういう日は月明かりの美しさが際立ちます。雪の残りがまた目の前を明るくしてくれる。
「月の無い夜は気を付けな」という捨て台詞を漫画でよく目にしますが、この言葉の意味にすげえ納得。サッカーくらいなら軽く出来そうな明るさです。

最近朝が寒いのでマンガミュージアムも朝は客足がゆっくり・・・と思いきや突如団体さんがやって来たりします。うれしいうれしい。

先日師匠の手伝いで東大阪の小学校に行きました。師匠の口演とパッキラ紙芝居ワークショップのアシスタントです。
3年生と5年生。
まずは午前中3年生。ノリノリ。

昼から5年生。先生の「5年生はもう少し大人しいかも・・・」という話がありましたが、蓋をあけてみればなんの事はない。ノリノリ。
ワークショップの段になって説明をしてると一人の5年生男子が「下品なんもいいんですか?」
師匠「もちろんOK。」

結果・・・うんこネタが急増しました。
5年生といえど、うんこにノリノリ。なんでしょうか、なんででしょうか。うんこに狂喜する子どもを見るとものすごく安心してしまう自分がいます。

齢30にして、僕も未だにうんこ好きなだけなのかもしれません。
うんこ・・・不思議だ。
[PR]
by infokamishibai | 2011-01-18 22:07 | 弟子の日々

MM初め!

こんにちは。らっきょむです。
昨日は2011年の京都国際マンガミュージアム開館二日目。らっきょむはマンガミュージアム初めでした。
まだ冬休みなのか平日でも子どもの賑わいがあります。
開館早々紙芝居作りに駆け込んでくる小学生4人組。その中でもとびきり元気な女の子が一人。紙芝居と漫画が本当に好きみたいで、他の友達が先に帰っても昼からもずーっと入り浸ってました。まさか30歳にもなって小4女子とキャプテン翼やら空手バカ一代トークが出来るとは思わなかったぜ。「イナズマイレブンよりもキャプテン翼がいい!」とか言うてるあたり、あの子は生まれる時代を間違えたんやなかろうか。

その子は自分で作った紙芝居を何度も何度も演じる。
その場にやってきた子どもと仲良くなり、彼らを観客にまた演じる。
そのエネルギーの素晴らしいことよ。
15時の回にはオーストラリアの団体50人が来たのにも臆する事なく、客席からネタを飛ばして爆笑をかっさらってました。ぐへー、僕よりオモロイ事言わんといてや!

年末年始の慌しさも一段落。ようやく掃除やら年賀状やらできました。
e0142699_202576.jpg


今月の9、10,11日には大阪天満宮の十日戎でも口演しております。
本年もヤッサン一座をよろしくお願いします!
[PR]
by infokamishibai | 2011-01-07 20:08 | 口演
あけましておめでとうございます。今年もヤッサン一座をよろしくおねがいします!

年末のカウントダウン紙芝居は、三年目にしてようやく形が見えてきた気がしました。これまで試行錯誤でやってきたけど、今後すべき努力の方向性が見えてきた感じ。
楽しかったです。やー、やっぱストリートはええわー。

年初めの帝国ホテル口演も二年目。昨年と同じく大道芸人マーキーさんとのタッグ口演です。
これも昨年の試行錯誤のおかげで、今年は場の雰囲気を早々と掴めました。
年明けからええ仕事したわー・・・と言いつつ、僕は早々から新作締め切りに追われてました。今しがた描きあがり、OKもろたところ。大掃除も年賀状も何もしとらん。燃えつきたぜ正月。。。
寝不足フラフラフランケンで家に帰ると年賀状が溜まっておりました。
ありがたい。僕の存在を喜んで必要としてくれる方々がいる。本当にありがたい。

頑張ろう。
[PR]
by infokamishibai | 2011-01-03 23:50 | 口演