口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんにちは、らっきょむです。

いつかいつの間にか、ヤッサン一座のホームページがしれしれっとリニューアルされております。

リニューアルしようぜ!って話はしたが、本当にいつのまに!
えらいキレイになっとるので是非ご覧下さい。

http://www.kamicomi.com/


ちなみにホームページでの当ブログの紹介は
ヤッサン一座の情報や裏話を公開中!紙芝居に興味のある方はぜひご覧くださーい。メンバーが代わる代わる執筆中!


メンバーが代わる代わる執筆中!

と書いてある。
うん、間違っていない。間違ってはないんですよ。本来は。
でも、、何というか、とっても申し訳ない。申し訳ないです。

これからも頑張っていくので、どうぞ気長に見守ったって下さい。
よろしくお願いします。
[PR]
by infokamishibai | 2011-02-19 22:56 | お知らせ

絵本と紙芝居

こんにちは、らっきょむです。

自作の絵本の読み聞かせをしたい、という学生さんに会いました。
芸術学部の卒業制作として作った絵本を卒業制作展のときに読み聞かせするそうです。

で、その作品を拝見したのですが、

これが、すんげーいい!!

絵がうまいのはもちろんの事、構成、遊び心、これらが僕のツボを刺激しまくってくるのです。非常によくできている。
現実と空想が少し混ざった世界観ながら、子どもの頃感じた初めてのおつかいのドキドキワクワクや、世界の広さへの驚き、そしてその裏側を覗き見た時のちょっとした恐怖、そういった感情がリアルによみがえってくるのです。
読み終わってから「で、これはいつ出版するんですか?」って思わず訊いてしまいましたよ!

ほんまこれが出版されたら買う。確実に買う。最近、本の類は買い控えているのやけど、これは買ってしまう。
ほんで家帰って舐めるように見て楽しむ。
それはもうハァハァ言いながら、小ネタを探してウキウキする。

子どもの頃に手元にあったならば、きっとボロボロになるまで繰り返し読んだ事でしょう。

紙芝居のプロに語りを教えて欲しいとの事でしたが、あんま僕のマネしちゃぁこの絵本がもったいない。絵が上等なほど、語りが邪魔しちゃいけんもんです。

絵本と紙芝居はよく同じような括りで語られますが、構造も鑑賞スタイルも違うジャンルです。従って求められる構図も物語のテンポも演出も違ってくる。紙芝居は言うなれば芸能であり、求められる演出も構成も絵本よりも映像の方が近い。でもその双方から良いものを取り入れる事はできます。
今回の作品は絵本の特性をよく研究された上で製作されたのでしょう。絵本にしかできない、絵本だからこその演出、遊びをいれつつ、最近の映像作品のような演出も盛り込んでいる。まさに今の時代の人が作った作品です。



この絵本は今月16日から20日まで京都国際マンガミュージアムで開催される「マンガアニメウィーク2010年度京都精華大学マンガ学部卒業・終了制作展」にて見られます。興味のある方は是非ご覧下さい。


いいものをみた。
さ、紙芝居屋は何ができるんやろ?
[PR]
by infokamishibai | 2011-02-05 13:14