口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

休演のお詫び

みなさんこんにちは、らっきょむです。

先日の猛威を振るった台風。京都が甚大な被害を受けました。
そんな中、ぼくの個人ブログにも書きましたが、開館以来守り続けて来たマンガミュージアムでの毎日の口演がついに休演となってしまいました。
交通機関はストップし高速道路も通行止め、国道も30分かけて50メートル進むような大渋滞となりました。

結局当初予定していた、だんまるはマンガミュージアムにたどり着けず、師匠の代から一日と欠かさなかった口演に穴を開ける事態となったのです。

楽しみにして下さっていた皆様には大変申し訳なく思います。
史上例を見ない台風被害とはいえ、一座としてまだまだサポート体制が不十分であったとも言えます。

今回の事は今後の糧として、一個人の紙芝居屋、そしてその集まりである紙芝居一座、それぞれの単位で考えて行きたいと思います。
今後はこのような事のないように勤めて参りますので、これからもヤッサン一座の紙芝居をよろしくお願いします。

明日は22日、清水寺での紙芝居。
マンガミュージアムと共にお楽しみ頂ければ幸いです。
[PR]
by infokamishibai | 2013-09-21 23:09 | お知らせ
師匠、お久しぶりでございます!
お元気でお過ごしだったでしょうか?

1周忌の今日、円珠寺に来て、ようやく師匠の墓前に手を合わせることができました。
師匠のお墓、墓碑名は「夢咲庵僕道」ですね。大きなごろんとした、丸い、いかにも師匠らしい、
個性的で、素敵なお墓ですね。これはいいや。一面に秋桜が揺れているのもいい。

今日は、安野家のご家族をはじめ、土日楽校の卒業生、そしてヤッサン一座の弟子たち30人ほどが
来ましたよ。

ご存知ですか? ヤッサン一座に、師匠を知らない弟子が入門しました。それに、この夏の
だんまる&らっきょむの新作を見ていると、若い感覚のヤッサン一座へと世代を継いで移っていくのを
感じます。師匠、ご安心ください、だんまる&らっきょむが先頭を走って、一座の前途は洋々です。

墓参の後、車で30分ほど走って、師匠が「能勢の応接間」と呼んでおられたというカフェ「ツリーハウス」に
行きました。師匠が気に入っておられたのが、よく分かります。墓参の間激しく降っていた雨が嘘のように
あがり、森の中のログハウス、明るく陽が射して、すごく気持ちがよかったです。

師匠が逝かれて1年ですが、はるるには、師匠を送ってずいぶん時間が経ってしまったような
気がする時があります。師匠亡き後、はるるとダッシュは、「ヤッサン一座 はるる&ダッシュの紙芝居」
のノボリで活動しています。口演の前には師匠のテープを聞きますが、場の空気を一変させる師匠の張りのある声、懐かしくて、恋しくて・・・。

はるる、子どもたちの笑顔を見ると、 紙芝居に出会った幸せ、師匠に出会った幸運を、いつも思います。

師匠、また、来年の8月25日に来ますね。
それまで、どうぞお元気で、天空の紙芝居小屋に、拍子木の音を響かせてください。

 8月25日
 はるる 
[PR]
by infokamishibai | 2013-09-03 09:50 | 弟子の日々