口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日の京都・清水寺は寒うございました!
途中、雨とも、みぞれとも、雪ともつかずが、ちらちら。
口が凍る。手がかじかんで、めくりが悪い。
(お~い、師匠、この雨雲を、天空へ連れて行ってくれえ~)

本日のメンバーは、ダッシュ、ぼんまる、いっきゅう、ながちか、そしてはるる。
第1発目のぼんまるの「黄金バット」、凄かった!
何がって、岡山からの客で、黒山ほどの人だかり。
こんなに客が群がるのは、久々です。やっぱり、嬉しい。
ぼんまる、楽しそうに、名調子。少しずつ、紙芝居屋さんらしくなってきた。

ながちか、声がこの間うちより出てるね。いっきゅう、何しろ怖い物知らずの若さ、
声も、よく透る。ダッシュ、新人の後でやると、落ち着きを感じるよ。

はるる、亡き師匠に、折にふれ、「黄金バット」は”宝塚の男役の声”で行けと言われて、
女の紙芝居師にはハードル高いよなあ、と思っていましたが、活弁士の澤登翠さんの
語りを聞いてから、なるほどと開眼! きょうから挑戦する。
が、ダッシュからは、まだ「アカン」と言われて、今に見ておれ、語りの腕を上げるぞ!!!

明日23日の清水寺も、また、寒そうやなあ・・・。
皆さん、ホカロン持参と行きましょう。

12月22日
はるる
[PR]
by infokamishibai | 2013-12-26 17:16

12月1日(日)、はるダは堺へ行ってきましたよ~ん!
午前1口演(屋内・60分)、午後1口演(屋外・30分)の2回戦。

昨年、師匠が最後の口演をされた耳原総合病院のご縁につき、頑張らねばと、
武者震い。

1回目、11:00~12:00は、「60年前のクイズ」+「黄金バット」をはるる、
代わって「夢泥棒」をダッシュがやりました。

時間も早いし、外会場の屋台も賑やかなので、20名くらいのお客さんで、まあまあ。
子どもは3歳~5歳の幼児とパパ、ママ。さすが、堺まで来るとMM(京都国際マンガミュージアム)
の常連さんもおらんので、ホッ!(11月17日の明倫フェスタは、師匠の常連さん4~5名が、
一番前に陣取って突っ込み入れられて、手強かったんだよ~ん)。

午後の外会場、公園のメインステージは、大変でした。
会場の野外ステージ近くに来たら、400~500名のお客さん!
エッ、こんなにいるの??? 今までのはるダには経験のない数!!

しかも、ここは、御池の環境フェスタと同じスタイルで、ジャグリング、ダンス、風船マジック、
津軽三味線、と続く中での紙芝居。声の大きさで負けるわけにはイカン。

マイク使う!? 咄嗟にだんまるに電話したけど、つながらん。そうや、だんまるも今頃、
天三の本番や(大阪・天神橋筋商店街)。
ダッシュ、もう、腹決めて、松戸と同じや、マイク使おう!!!

 
いきなりダッシュの「黄金バット」から入って、「桃のクイズ」「桃太郎」をはるる。

「桃のクイズ」。「本物の桃は、何個あるでしょう?」に、「ハイ、1個!」 「ハイ、3個!」 「ハイ、5個」。
「違います。これみんな、絵に描いた桃です」「本物の桃は、ゼロ!で~す」。
ざまあ、見ろ、子どもたち、ダッシュの描いた桃の絵に、まんまと引っかかりよった。

終わってみれば、お客さん、「桃太郎」にゲラゲラ笑ってはった。
よかった、よかった。

12月1日
はるる
[PR]
by infokamishibai | 2013-12-02 20:43 | 口演