口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2013年10月2日(水)9時~12時(1・2限目)

京都造形芸術大学でのだんまるの授業「マンガⅡ」が開講しました。
だんまるは、非常勤講師として、成績評価も伴う正課授業の教員として
招聘されたのです(快挙! これ、凄いことなのですよ。講師料は、ちょっとしか
出ないんだけどネ)。

大学での紙芝居の授業、実は、故・師匠ヤッサンがお元気なころに、実現のお話があったのが、
「紙芝居はアカデミズムに馴染まない」との学内の反対で、導入に到らなかったと聞いています。

ほんの10数年前までは、漫画ですら「マンガはアカデミズムか」という議論があったそうなので、
紙芝居が大学の授業?との、偏見の壁は、結構高かったのではないかと想像します。この壁を越え、
今回、開講してくださった京都造形芸術大学マンガ学科に、心から感謝です!!!

きょうの授業、学生は1回生を中心に22名の登録。
いやあ、だんまる、一切の前置きなしに、いきなり紙芝居で学生の心をわしづかみ!
いつもながら、だんまるの紙芝居、快調でした!(愉しかった)。

ついでに、シラバスによると、この授業のテーマは「人間力増幅装置としての紙芝居。4コマ紙芝居の
機能とその可能性」だとか。はるるの理解では、表現方法としての紙芝居を学ぶんだろうなあと。これから
の授業で、学生たちは、実際に4コマ紙芝居をつくり、発表するのです。お宅っぽい(笑い)漫画家志望の
学生の、人前での紙芝居の実演とは、さて、さて、どんなことになるでしょう。

終ってから、学生に聞いた感想。
「授業、どうだった?}「面白かった」「なにが?」「子どもの頃、紙芝居、ただ面白いと思って見たけど、きょうは、そう来たかと、表現の方法として面白いと思った」と。

来週からの授業が楽しみですねえ。

10月2日 はるる

















こんにちは、らっきょむです。

本日は清水寺の紙芝居。
10月といえどお日様はまだまだジリジリと仕事熱心。蝉もそれに釣られて残業中。
雲が負けじとやって来るもんで、ああ
厚かったり涼しかったりの一日でした。

メンバーはらっきょむ、ダッシュ、ぼんまると少人数体制。
紙芝居に修学旅行生が興味を示してくれるも、先生にせかされ時間に追われる彼らはなかなか立ち止まる事を許されない。さながら回遊魚のようです。僕らと一瞬の声を掛け合い、去って行く。
また会おう。またいつか見てもらえる日が来ると信じてるぜ。

そんな儚い人間交差点の中、ぼんまるの紙芝居に一つの修学旅行集団が足を止めた!
しかもクイズでめっちゃ盛り上がっている!
おい時間は大丈夫なのか!思わず先生に目を遣る。

先生もめっちゃ楽しんでいる!!
先生いいのか!?

いや、むしろこんな楽しんでくれてありがとうだ。
結局先生ではなくツアーガイドさんの声かけにより小学生集団は先に進むことになりましたが、先生も子どもと一緒に楽しめている、いい学校だなぁと思いました。

e0142699_19261750.jpg


ありがとうございました。
その後も、紙芝居をしていて色んな人に出会えました。
イギリス人旅行者と話していたら、師匠のイギリス口演を見に行ったって人もいました。

清水寺は「夢の縁」から生まれたと言われていますが、何かと不思議な縁が繋がっていく場所と感じます。
素晴らしいところで紙芝居をさせて頂き、改めて感謝いたしました。
つくづくありがたいご縁です。
[PR]
# by infokamishibai | 2013-10-02 20:01 | 口演

休演のお詫び

みなさんこんにちは、らっきょむです。

先日の猛威を振るった台風。京都が甚大な被害を受けました。
そんな中、ぼくの個人ブログにも書きましたが、開館以来守り続けて来たマンガミュージアムでの毎日の口演がついに休演となってしまいました。
交通機関はストップし高速道路も通行止め、国道も30分かけて50メートル進むような大渋滞となりました。

結局当初予定していた、だんまるはマンガミュージアムにたどり着けず、師匠の代から一日と欠かさなかった口演に穴を開ける事態となったのです。

楽しみにして下さっていた皆様には大変申し訳なく思います。
史上例を見ない台風被害とはいえ、一座としてまだまだサポート体制が不十分であったとも言えます。

今回の事は今後の糧として、一個人の紙芝居屋、そしてその集まりである紙芝居一座、それぞれの単位で考えて行きたいと思います。
今後はこのような事のないように勤めて参りますので、これからもヤッサン一座の紙芝居をよろしくお願いします。

明日は22日、清水寺での紙芝居。
マンガミュージアムと共にお楽しみ頂ければ幸いです。
[PR]
# by infokamishibai | 2013-09-21 23:09 | お知らせ
師匠、お久しぶりでございます!
お元気でお過ごしだったでしょうか?

1周忌の今日、円珠寺に来て、ようやく師匠の墓前に手を合わせることができました。
師匠のお墓、墓碑名は「夢咲庵僕道」ですね。大きなごろんとした、丸い、いかにも師匠らしい、
個性的で、素敵なお墓ですね。これはいいや。一面に秋桜が揺れているのもいい。

今日は、安野家のご家族をはじめ、土日楽校の卒業生、そしてヤッサン一座の弟子たち30人ほどが
来ましたよ。

ご存知ですか? ヤッサン一座に、師匠を知らない弟子が入門しました。それに、この夏の
だんまる&らっきょむの新作を見ていると、若い感覚のヤッサン一座へと世代を継いで移っていくのを
感じます。師匠、ご安心ください、だんまる&らっきょむが先頭を走って、一座の前途は洋々です。

墓参の後、車で30分ほど走って、師匠が「能勢の応接間」と呼んでおられたというカフェ「ツリーハウス」に
行きました。師匠が気に入っておられたのが、よく分かります。墓参の間激しく降っていた雨が嘘のように
あがり、森の中のログハウス、明るく陽が射して、すごく気持ちがよかったです。

師匠が逝かれて1年ですが、はるるには、師匠を送ってずいぶん時間が経ってしまったような
気がする時があります。師匠亡き後、はるるとダッシュは、「ヤッサン一座 はるる&ダッシュの紙芝居」
のノボリで活動しています。口演の前には師匠のテープを聞きますが、場の空気を一変させる師匠の張りのある声、懐かしくて、恋しくて・・・。

はるる、子どもたちの笑顔を見ると、 紙芝居に出会った幸せ、師匠に出会った幸運を、いつも思います。

師匠、また、来年の8月25日に来ますね。
それまで、どうぞお元気で、天空の紙芝居小屋に、拍子木の音を響かせてください。

 8月25日
 はるる 
[PR]
# by infokamishibai | 2013-09-03 09:50 | 弟子の日々
「ヤッサン一座 はるるとダッシュの紙芝居 in 平安養育院」、はじまり、はじまり~。

日時:6月16日(日)午後2時~3時
場所:平安養育院(2巡目)
対象:幼児・児童・職員スタッフの30名程度
演目:クイズ・桃太郎?(はるる)+怪人伝説(ダッシュ)

 朝から35度を越える猛暑。京都の蒸し暑さ、年々こたえるなあ・・・。
 熱中症を避けて小さなホールで。

 まずはクイズから、 「わたしはだれでしょう?」「パンダ!」。
 はい、続いて ,「パンダ全部で何頭でしょう? 「は~い、11頭!」、
ブ、ブ~。それ去年の答えやろ。今年は10頭の、もってきたんや。まんまと引っかかった。へへへ。

 「桃太郎」は、楽しい。声を合わせて、「どんぶらこ~、ちゃっぷん、ちゃっぷん、どんぶらこ~、
ちゃっぷん、ちゃっぷん、ももたろう?」と、みんなニコニコ。

 はい、お次は、「怪人伝説」。ダッシュ、直前までセリフのお経読みをしてたけど、行けたね。
 みんな、ストーリーに惹かれて、食い入るように見てた。貸してくれた名前、なんやったけ? 
舌がもつれそうな名前やったね。中で「黄金バット」もフルやりました。

 終了後、来年のことですがと、担当が変わったと言って、別のスタッフを紹介された。
来年も来てくれると期待されてるんやと、嬉しかった。児童養護施設には、結構、パフォーマンスの申し入れがあって、子どもに支持されないと断るらしい。はるるとダッシュは、子どもの心をつかむことが出来たのだ!嬉しいです。

 終ってから、甘味処で反省会。師匠だったら、どう言われるだろうと思うか所あり。今までは、師匠の言葉に不安が消えて、自信が持てたけど。
嗚呼、ダメだしをくれる師匠はいなくなったのだ・・・。

 6月17日 はるる
[PR]
# by infokamishibai | 2013-06-18 19:30

清水寺紙芝居

こんにちは、らっきょむです。

2のつく日は清水寺紙芝居の日!

という訳で本日も行って参りました。
本日の清水寺口演は、ダッシュ、はるる、ぼんまる、そしてらっきょむの4名にて参上!

手前味噌な話ですが、確かに皆それぞれの歩みで成長している感じられます。
平日はとにかく修学旅行生が多い。その大半は時間が決まっているので足を止めてくれる人は少ない。
そんな中、箸が転がってもおかしい年頃の女子中学生がもう紙芝居にもキャッキャ言ってくれてました。
遠方から京都は清水寺までありがとうね。


そんな一座の面々による黄金バットの高笑い3ショット。
e0142699_2355890.jpg
e0142699_237785.jpg
e0142699_2373513.jpg


う~ん、クドい!暑い!

そんな本日の僕は、清水寺縁起紙芝居を香港人相手にひたすら中一レベルのカタコト英語とジェスチャーで伝えるという荒行をしていました・・・。ノリのええ人で楽しんでくれてはったけど、きっと僕が伝えたと思ってる内容の半分も伝わっていない。
まぁ言葉ってそんなもんか。
これでいいのか?
これでいいのだ!

清水寺では明日もやってるのでよろしくお願いしますー!
[PR]
# by infokamishibai | 2013-05-22 23:23 | 口演
「はるるとダッシュの紙芝居」はじまり、はじまり~。

5月18日、絶好の紙芝居日和。
京都芸術センターで開催された明倫学区の運動会。地域の人100名ほどが参加。その中で、①12:15~、②15:00~、③16:15~の3回口演。

各回クイズに続いて、桃太郎、清水寺縁起、黄金バットを回変わりで。

子ども+大人30名ほどとガチンコ勝負。運動会より紙芝居を楽しみに来てくれたという見物客、
3回とも一番前で見てくれた子どもたち。

いつもながら、車なしのダッシュとはるるの搬入・搬出が結構大仕事。到着までにすっかり疲れて。
でも、「見世語り紙芝居」開拓者の師匠ヤッサンの、当時の苦労を思えば、これくらい・・・、と気を取り直して、
精いっぱいやりました。

いやあ楽しかったあ、全エネルギーを出しきって疲れたあ。

いただいた事務局からのメールで、疲れが飛びました!
「お二人の話術の巧さに、子どもはもちろん大人の方も思わずひきこまれていましたね。
お客様からも大好評でした。センターのスタッフも非常に楽しませていただき、専務も指輪をもらって
嬉しそうにしておりました。素敵な時間をどうもありがとうございました」

はい、こちらこそ、ありがとうございました。

5月19日 はるる
[PR]
# by infokamishibai | 2013-05-20 10:10 | 口演

熱くて寒い清水寺

2のつく日は清水寺口演!
これも師匠の遺してくれた有難い舞台です。

ゴールデンウィークといえど、寒風吹きすさぶ本日5月2日、清水寺で紙芝居口演して参りました。
今日のヤッサン一座の参加はらっきょむ、はるる、ぼんまる、まだ日の浅いイクミの4人。

まずは一発目のぼんまる
e0142699_21241123.jpg

おっきいお友達捕まえて快調にクイズ大会。

e0142699_21243977.jpg

そして気づけば人だかり。
ぼんまる、間違っても上手いとは言えませんが、腹を決めた時の鬼気迫る紙芝居の表情は他の誰にも真似出来ないものがあります。
はるるの軽妙な語りに、新人にして英語紙芝居の雄イクミの口演など様々なバリエーションの口演が行われました。
昨日らっきょむのマンガミュージアム口演を見てくれた名古屋の専門学校生の団体と今日は清水寺で再会するなど、謎のありがたい腐れ縁があり盛り上がったり風が寒かったりの一日。
ちゅーか名古屋から京都来て二日間の研修旅行の内二日とも違う場所で僕に出くわすなんて、なんて運が悪い方々なんでしょうね。今度はこっちから名古屋に遠征行きたいくらいです。

残念ながら今日は他に写真取れませんでしたが、こんな感じで紙芝居しております。
古参も新人も混ざって口演しているので、ヤッサン一座の色んな顔が見れるでしょう。
私達もどんなお客さんのどんな場が生まれるかいつもドキドキしています。
ご興味あれば是非また清水寺にお越し下さい。
毎月2日、12日、22日、23日と黄金バットから清水寺縁起物語まで紙芝居口演しております。
お待ちしております!
[PR]
# by infokamishibai | 2013-05-02 21:42 | 口演
ご無沙汰してます。
らっきょむです。

春です。日本中あちこちから桜のニュースが聞こえてきます。
京都も先週から桜を目指してのお客さんが増えてきたように思います。

勿論、京都国際マンガミュージアムの桜も見事!
天気の良さも相まって、MMスタッフの方々の協力の下、特別にグラウンドの桜の下で紙芝居をさせて頂きました。

土曜日のらっきょむ口演の様子。

e0142699_3593525.jpg


そして昨日のだんまる口演の様子。福島の子どもたちが団体で来て下さいました。
e0142699_359555.jpg


頭上にて目一杯咲き誇るのは本物のサクラやけど、見てくれてるお客さんはサクラとちゃいまっせ!
でもいつも子どもたちがサクラのようにオモロイ事言って場を盛り上げてくれる。不思議なもんです。
普段の紙芝居小屋の中での、皆で押し合い圧し合いぎゅうぎゅうんなってみるのも大好きですが、お日さんと桜とあったかい空気が一体となってお客さんも僕も解放的にのんびりと楽しむ青空口演も大好きです。
言うなれば前者がライブハウスやとしたら、後者は野外フェスみたいなもんです。皆思い思いの距離で楽しんでる。

もともと街頭紙芝居なのですから、野外が似合うのは当たり前。僕も師匠に弟子入りして最初の頃は公園で許可を取ってやらせてもらってました。
こうやって外でやると、普段なかなか紙芝居小屋まで足を運ばない人もそのまま足を止めて観てくれるんですよね。それがまた嬉しい。
観て下さった皆様、そして自転車の移動やら何やら準備に動いて下さったMMスタッフの皆様ありがとうございました!

桜も春休みもあと僅か。
マンガミュージアム、マンガと一緒に桜と紙芝居も堪能しにお越し下さい!

余談ですが、今のマンガミュージアムは常設展示に加え、「スケッチトラベル展」「Kyoto MaGiC 展覧会 ショコラとバニラのクローゼット」「寺田克也ココ10年展」と企画展が3つ開催されてる上にいずれも通常の入館料だけで観れます。ぶっちゃけかなりお得です、今。

・・・あ、あと紙芝居も入館料だけで観れます。うん、いつも通りやけど・・・。

あったかくなってきたし、また青空口演したいなぁ。
[PR]
# by infokamishibai | 2013-04-02 04:38 | 口演
☆紙芝居口演、オリジナル紙芝居制作ならヤッサン一座♪ 詳しくは、HPで・・ http://www.kamishibai-y.com/
御池ゼストでエコ紙芝居”これじゃこれじゃ”してきました。
水飴が固すぎたアクシデントもありましたが、
カイロのおかげで、クリアしました。
席は満席、立ち見の人もいて40名超の観客に、
テンションあがりっぱなし・・
歌の部分で”うまい!!”と、声かけられ、
いい気分でやらせてもらえました。
e0142699_12462820.jpg

[PR]
# by infokamishibai | 2013-02-24 12:37
 ご無沙汰しております。らっきょむです。
最近はブログ更新をはるるに任せっぱなしにしておりましたが、今日はお知らせです!

明日、2月18日(月) 「ぽじポジたまご」[KBS京都テレビ]AM11時頃、にてヤッサン一座のあおくまの紙芝居が取り上げられます。
師匠が昔作った作品”エコ紙芝居これじゃこれじゃ” を扱うそうです。是非御覧ください!


そしてもうひとつ。
昨年、京都マンガミュージアムにて行い、多くの方々にご来場頂いたヤッサン追悼口演
関東でも是非開催して欲しい、との声にお答えして来週開催する事となりました。
詳しくは、ヤッサン一座東京事務所のページを御覧ください!

日時は2月24日(日)13:00~
場所は千葉県松戸市本町20-10 ル・シーナビル6階
   (JR松戸駅西口 徒歩2分 マクドナルド向かいデイリーストアの上6階)
入場料:300円

東京事務所と言いながら千葉です。そうです、デ〇ズニーランド的な感じです。正確には東京(方面)事務所という事です。
前回関西での開催にお越しになれなかった方々、お待ちしてます!

らっきょむ
[PR]
# by infokamishibai | 2013-02-17 10:59