口演ご依頼・紙芝居制作お気軽にお問合せ下さい。 電話072-737-1093   メールkamishibai888@gmail.com ホームページ http://www.kamishibai-y.com/    


by infokamishibai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2014年1月29日(水) だんまるの授業・京都造形マンガ学科「マンガⅡ」の合評

だんまるが非常勤講師をつとめた、京都造形大学マンガ学科「マンガⅡ」が、1月22日に
終了、この日は、合評ということで、人間館正面大階段で、だんまる+受講生中の5人が
紙芝居パフォーマンスをやりました。

学生たち、なかなかやりましたね!

学生たちの「黄金バット」、いやあ、笑いました!
ゆいまある、ひとみ、二等兵、びいえむ、ひでくん、どれもこれも、彼らにしかできない
オンリーワンの「黄金バット」。
尾池学長も、途中、興味津々、見に来られて、ニヤッと笑っておられましたね。

「プロとは何か」を、きょう学生たちの「黄金バット」を見ていて改めて考えましたよ。
「負けそう」とはるるが言ったら、すかさず、らっきょむに「いやいや、もう負けてるでしょ」(笑)
と返されましたが。

はるる、弟子入りしてからの1年間は、師匠の背中を追っかけて、ひたすら「黄金バット」だけを
やりました。これ、ヤッサン一座の新弟子の教科書ですから、師匠の通りにしようとひたすら。
守・破・離の守ですね。学生たちには、もちろん故ヤッサンの背中はなく、守破離も知らないかも
しれませんね。自分のまんまの「黄金バット」やりよった。
笑いましたねえ。

だんまるの授業を通じて、学生たちはすごい経験をさせてもらったわけです。紙芝居という
表現方法に目を開いたということ。人前でのプレゼンにドキドキしながらも、快感を味わった
でしょう。紙芝居に心をつかまえられた学生たちが、この後、どんな変化を見せるか、
楽しみですね。

1月29日
はるる
[PR]
by infokamishibai | 2014-01-31 10:53